生理的口臭の原因と食べ物などの口臭ケア

5660967

口臭ケアを行う上で大事なのが、原因を知ることです。

何が理由で口臭が出ているのかを理解し、適切な対策をすることが、口臭を改善するためのコツです。

生理的口臭の原因と食べ物などの口臭ケア

7654407

生理的口臭は病気などではなく、食べ物などによって起こる口臭のことです。

生理的口臭の原因になる食べ物には、ニンニク、ニラ、玉ねぎ、コーヒー、紅茶、お酒などがあります。

これらを食べると直ちに口臭が発生するというわけではありませんが、これらを食べた場合は特に口臭ケアをしておくというのが良いでしょう。

 

基本的な口臭ケアは歯磨き

口臭ケアの方法は、胃からの原因を対策するものと、口内のケアというものがあります。

胃からの口臭ケアには、ブレスケアなどがあります。

口内のケアというのは、歯磨きガムを噛むなどです。

特に歯磨きが重要で、基本的な口臭ケアというのは歯磨きになります。

むしろ他のものは補助的なもので、根本的な対策というのは難しいでしょう。

日ごろ歯磨きをしっかりするということが口臭対策のほとんどを占めています。

 

飲酒や喫煙の量が多い人は特に口臭ケアが必要

一つ言えることは、口臭を気にし過ぎると良くないということです。

口臭というのは誰でもある程度はあるものなので、近づいた際に多少匂ってしまうのは仕方がないことです。

本人が思っているほど他人は気にしていないということがあります。

もちろん極端に歯磨きをしないというのであれば問題ですが、しっかりと歯を磨いているのであれば問題ないでしょう。

ただ日ごろから飲酒喫煙の量が多いという場合は、人並み以上に匂う可能性も高いので、その点は注意が必要です。

喫煙者は特に、やにと食べ物のカスがくっついて余計に匂うと場合も多いので、口臭ケアをしておくとよいでしょう。

口臭ケアは原因を知ることから。生理的口臭や口の中の乾燥に注意!

683fcd6a954e96be93f4ed1839984702_s

口臭ケアを上手く行う上でも大事なのが原因を知ることです。

何が理由で口臭が出ているのかを理解して適切な対策をすることが、口臭を改善するためのコツです。

 

生理的な口臭

原因としてまず挙げられるのが生理的口臭です。

これは誰でも発生し得る口臭であり、例えば緊張・ストレスが元で発生します。

緊張ストレスを感じると交感神経が優位になり、唾液の分泌が抑制されてしまいます。

すると口内がドライマウスの状態になってしまい、雑菌も繁殖しやすくなり口臭が強くなってしまうのです。

水分補給をするなどして潤わせることが大切です。

なお生理的口臭としは、その他にも朝起きた時や空腹の時、ニオイの強い食べ物を食べた時などが挙げられます。

 

口臭が出る原因の代表はタバコ

口臭が出る原因に生活習慣が起因するものもあります。

代表的なのはタバコです。

タバコ自体、ニオイがあり、しかもドライマウスを引き起こす要因になるため、余計に口臭を強くする原因になってしまいます。

しかも、タバコに含まれるタールは粘着性のため、歯や舌、粘膜などに付着して歯磨きをしても残留してしまい口臭が残ってしまいます。

喫煙者の場合は、口臭ケアにより一層の注意をしないとニオイが解消されませんので注意した方が良いでしょう。

 

カフェインの摂りすぎと甘いものの食べ過ぎも注意

カフェインを摂り過ぎてしまうのも要注意です。

カフェインはコーヒーお茶などに含まれている成分ですが、利尿作用がありますので体内の水分量を減らしてしまいます。

それによって口内も渇きやすくなりますので、口臭が出やすくなることがあるのです。

甘いものをよく食べるのも注意した方が良いことのひとつです。

食べ過ぎによって虫歯になるリスクが高まりますし、虫歯も口臭を強くしてしまいます。

また、口の中の乾燥が普段から見られる場合ですと甘味成分がいつまでも口の中に残りやすく、雑菌の繁殖を促して口臭が強くなることがあります。