口臭ケアで舌苔を除去!口臭の原因になる舌苔とは?

口臭の原因は、プラークや歯の隙間に詰まった食べかすなどによるものだけではなく、舌苔による口臭もあります。

舌苔とはどのようなものか、そのケア方法についてご紹介します。

口臭ケアで舌苔を除去!口臭の原因になる舌苔とは?

9539331

口臭はなかなか自分では気が付かないもので、自分の知らない間に周囲に迷惑をかけていることもあります。

口臭の原因は、プラークや歯の隙間に詰まった食べかすなどによるものだけではなく、舌苔による口臭もあります。

 

舌苔とは

舌苔とは舌の表面に付着した食べかすによるもの、また剥がれ落ちた粘膜細胞に細菌が繁殖して舌の表面が白くなるのです。

舌苔は誰の舌にもあるもので、その状態によっては悪臭を放つ原因ともなります。

唾液の分泌量の低下、口腔内の乾燥、免疫力の低下などによって舌苔が増えて口臭を放ちます。

うっすらと舌苔が付いているという場合は、正常な範囲です。

しかし、色が黒かったり、また黄色かったりする場合は病気の疑いもあるので専門の医療機関に受診することをお勧めします。

 

舌苔の口臭ケアは舌ブラシが有効

舌苔が原因による口臭ケアの方法は、舌ブラシを使用して、悪臭の原因を取り除くことが有効です。

日ごろから使用している歯ブラシを使用しても良いのですが、舌専用の舌ブラシを使用することをお勧めします。

歯ブラシは毛が硬いので舌に傷をつけてしまう可能性があります。

どうしても歯ブラシを使用するという場合は、柔らかめの歯ブラシを利用して丁寧に磨くようにしましょう。

 

舌ブラシの使い方

舌の奥から手前に汚れを掻き出すイメージで使うようにします。

あまり力を入れすぎてしまうと舌が傷ついたり、ヒリヒリと痛むこともあるので優しく汚れを掻き出すことが大切です。

また、舌に傷がある時に無理に行うと症状が悪化してしまう可能性もあるので、このような場合は控えるようにしましょう。

歯磨き粉を使うと舌苔がよく落ちるようなイメージがありますが、歯磨き粉には研磨剤が入っていますので、舌ブラシについた汚れを水で洗いながら使用すると良いでしょう。

使い方がわかない場合や疑問が残るようであれば、歯科医に相談すると安心です。

日ごろから口臭ケアを行うことで臭いを抑えることができるので、ぜひ口臭ケアを習慣化してください。

口臭ケアは原因となる歯周病などのメチルメルカプタンの対策を

7962294

口臭の原因となるものには、様々なものがあります。

歯磨きなどの口臭ケアをしていても、口臭が解消されなくて悩んでいる人も多いです。

 

歯周病は口臭の原因になります

歯周病が原因となって、口臭が発生することもあります。

歯周病は、歯の隙間や歯周ポケットや歯間などに、歯石や歯垢がたまることで、そこに細菌が増殖してしまうことが原因で発症します。

細菌が増殖すると、匂いの発生源となるメチルメルカプタンが生成されます。

メチルメルカプタンは硫化物で、腐ったタマネギと言われるような独特の悪臭を放ちます。

 

口臭対策として歯周病の予防と治療が必要

口臭対策としては、まずは歯を磨いて清潔に保つだけでなく、歯周病予防または治療する必要があります。

歯石は自分では取れないので歯科医院に定期的に通って、溜まらないように除去してもらうようにします。

歯周病になってそのまま放置してしまうと、歯の根元に膿が溜まってしまいます。

最終的に抜歯しなければならない状態になってしまうので、放置しないですぐに治療をしましょう。

もちろん治療すれば臭いは解消されますが、歯を失うと、インプラントや入れ歯をしなければならなくなってしまいます。

 

定期的に歯科医院で健診を受けましょう

胃や消化器などに病気がないにもかかわらず、口臭がなくならないという人は、歯科医院で歯を診てもらうといいでしょう。

虫歯があるだけでも口臭が発生することもあります。

過去に治療した虫歯の詰め物の内部が膿んでいたりして、気付かないうちに口臭が悪化している可能性があるので、日頃から歯科医院でケアをするようにしましょう。

効果と価格で徹底比較!口臭ケア用品総合ランキング

▼優れた口臭ケアサプリメントを選びたいなら♪▼口臭ケアサプリ>>口臭ケアサプリメントの詳細情報はこちらから確認できます!<<