口臭の原因は虫歯?正しい口臭ケアはプラークの除去から

5516984

口臭の原因はいろいろありますが、ほとんどは口の中の食べかす虫歯によるものです。

そこで、食べかすがどのようにして臭うようになるか、歯間ブラシの重要性についてまとめましたので、参考にしてください。

口臭の原因は虫歯?正しい口臭ケアはプラークの除去から

4888639

自分の口臭はなかなか気づかないものですが、知らず知らずのうちに他人に迷惑をかけているかも知れません。

口臭の原因は口の中にあることがほとんどで、食べかす虫歯によるものです。

 

虫歯の原因になるプラークが悪臭の原因に

食事のあとの食べかすをしっかり除去しているか、していないかで放つ口臭のレベルも違ってきます。

悪臭の原因は、虫歯ができる原因のプラークによるものです。

虫歯由来の臭いはチーズや魚が腐ったような腐敗臭を放つのですが、歯の一部に穴が開いていると、そこに食べかすが蓄積して悪臭をまき散らすのです。

歯に詰まった食べかすは細菌の餌になり、細菌が繁殖をするために足場となる粘り気のある物質を作ります。

これを放っておくと歯肉炎歯周病の原因になることもあるので、日ごろからしっかりと口臭ケアを行う必要があります。

 

デンタルフロスや歯間ブラシも忘れずに

口臭ケアは普段の歯磨きで十分だと思いがちですが、実は歯磨きだけだと60%の汚れしか除去できないと言われています。

歯ブラシの毛が歯の隙間に届かないので、歯磨きを十分に行っているつもりでも知らず知らずの間に細菌に餌を与えていることになっているのです。

プラークを除去するためには、毎食後の歯磨きに加えてデンタルフロス歯間ブラシを忘れずに歯の隙間に通すようにしましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシを歯磨きと合わせることで、80%の汚れを除去することができます。

歯と歯の隙間はもちろんですが、ブリッジなどの詰め物をしている部分にもプラークが溜まりやすくなっています。

 

歯間ブラシはゴム製のものがおすすめ

歯間ブラシは先端が金属でできているものが多いので、あまりやりすぎてしまうと歯茎を傷つけてしまうことになります。

ゴム製の歯間ブラシを使用して丁寧に行うこと、また歯科医の指導のもとで行うことをお勧めします。

口臭は日ごろからの口臭ケアを徹底することで軽減することができるので、ぜひ習慣にしてみてください。

口臭ケアは細菌の除去から!原因は食べかすにある

5660967

口臭は自分ではなかなか気が付かないものですが、気が付かないうちに周囲の人達に迷惑をかけている場合があります。

食事をすると口の中に食べかすが残りますが、食事の後にしっかりと歯磨きをするか、そのまま放置するかで口臭レベルも随分と違ってきます。

 

歯の間に詰まった食べかすが口臭の原因になる

歯の間に詰まった食べかすを放置していると、その食べかすを栄養として細菌が繁殖してしまいます。

次に細菌が繁殖をするために粘り気のある物質を作り、どんどん増殖して歯垢となります。

そしてどんどん繁殖して悪性ガスを放つようになり、口を開くたびに臭ってしまうのが口臭の原因です。

そのまま放置し続けていると歯周病歯肉炎を発症してしまうこともあるので、食後はしっかりと口臭ケアを行うことを心がけましょう。

 

歯ブラシだけでは60%程度の歯垢しか除去できない

口臭ケアは歯磨きを行うことでも有効ですが、歯磨きだけでは60%程度の歯垢しか取り除くことができないと言われています。

歯ブラシの毛が歯と歯の隙間まで届かないので、自分はきちんと磨いているつもりでも知らずのうちに細菌に餌を与えていることになっているのです。

歯の汚れをしっかり除去するためには、歯間ブラシデンタルフロスを使用する必要があります。

 

歯の隙間とブリッジなどのかぶせ物をしている部分は細菌が増殖しやすい

歯磨きのあとに歯の隙間に通すことで、80%程度の歯垢を除去することができると言われています。

歯と歯の隙間はもちろんですが、ブリッジなどのかぶせ物をしている部分も細菌が増殖しやすい部分です。

日ごろから、これらの口臭ケアを習慣にすると良いでしょう。

歯間ブラシはゴム製のものがありますが、金属でできたものもあるので歯茎を傷つけないように丁寧に行うことをお勧めします。

口臭は原因を取り除くことで軽減されるので、定期的に掃除を行いましょう。

扁桃腺膿栓は口臭ケア対象の一つ臭いの原因扁桃腺膿栓とは何か

9691813

口臭ケアと聞いて思い浮かべるのは、念入りな歯磨きやマウスウォッシュ、そして定期的な歯科クリニックのチェックが代表的です。

しかし、口から発生する臭いの中には、歯と歯茎の口臭ケアだけでは対応出来ない、意外な原因も含まれています。

 

扁桃腺膿栓とは

扁桃腺膿栓とは、喉の入り口にある扁桃腺の隙間に雑菌が付着して固まり、増殖して臭いを発するようになった物を指します。

臭いの特徴は、野菜のニラに似ていたり、人によっては下水臭に近いと表現されることもあります。

扁桃腺膿栓が発生する原因は、呼吸時にを吸い込んだり、小さな粉塵が隙間に詰まるのがきっかけです。

免疫力が正常で、新陳代謝が問題なく行なわれていれば、臭いが発生する前に扁桃腺から取り除かれます。

ところが、空気が乾燥する季節は空気中を舞う粉塵が増えるため、扁桃腺からの排出が追いつかず、扁桃腺膿栓が発生しやすくなります。

 

扁桃腺膿栓の予防方法

口臭ケアに取り組む場合は、扁桃腺膿栓とは何か理解を深め、発生の予防に努めることも大切です。

具体的な予防方法は、室内の湿度を若干高めに保ち、外出時はマスクを付ける方法が挙げられます。

さらに、喉うがい鼻うがいを習慣化して、埃が扁桃腺に溜まるのを避けると効果的です。

嗅ぐと分かる臭いの特徴は、口臭ケアを帳消しにするほどに強力なので、発生を未然に防ぐ必要があります。

部屋から埃を追い出し、喉を含めた口臭ケアを行なえば、原因は大幅に減らせるので、乾燥する季節は特に心掛けるとよいでしょう。

効果と価格で徹底比較!口臭ケア用品総合ランキング

▼優れた口臭ケアサプリメントを選びたいなら♪▼口臭ケアサプリ>>口臭ケアサプリメントの詳細情報はこちらから確認できます!<<